答え

  1. リズム :整 / 不整、心拍数
    正常の幅のQRS波が、先行するP波を伴ってほぼ規則正しく打っています。P波は I、II、aVFで陽性ですから正常の洞結節からの調律と考えられます。心拍数は50/分前後。教科書的には心拍数が60/分未満のものを徐脈と診断しますから、洞性徐脈と判定します。しかし、安静時に心拍数が60/分未満の人はたくさんいますから、これだけですぐに病的というわけではありません。
  2. P:幅と高さ
    II 誘導でのP波の幅は2目盛(0.08秒)強、高さは1目盛(0.10mV)です。いずれも正常範囲内ですから、左房負荷や右房負荷はありません。
  3. PQ:PQ時間
    PQ間隔は4目盛(0.16秒)くらいですから房室伝導は正常。
  4. QRS:QRS時間、形と高さ
    QRS波は幅が約2目盛強(0.09秒)で、aVR以外では大きなQ波を認めません。胸部誘導でR波はV1~V4にかけて徐々に高くなっており、逆にS波はV1→V6へ進むにつれて徐々に浅くなっています。波形が重なっていて少し見難いですが、V1のS波の深さとV5のR波の高さの和(SV1+RV5)は14+44=58mm(5.8mV)あり、またaVLのR波の高さは10mm(1.0mV)あります。
     右側胸部誘導(V1~V2)のS波、左側胸部誘導(V4~V6)のR波、I、aVL誘導のR波などは何れも左心室の興奮を表す波形ですから、これらのボルテージが大きい場合には左室肥大を疑います。教科書的には、V1のS波の深さとV5のR波の高さの和(SV1+RV5)が35mm(3.5mV)以上のものを左室肥大と診断しますが、所見がそれだけの場合には、心エコーで見ると実際には左室肥大がないということも少なくありません。しかし、ST低下やT波の逆転(ST-T変化)を伴う場合、aVL誘導のR波の高さが10mm(1.0mV)以上になっている場合には、心エコーでもほぼ間違いなく左室肥大を観察できます。
  5. Axis:電気軸
    R波とS波の大きさの差が最も少ないのはaVF誘導ですから、おおよそその電気軸は±0度ということになります。
  6. ST-T
    明らかなST異常はなさそうです。T波もaVR以外の全ての誘導で陽性です。
  7. QT
    II 誘導でみるとQT時間は10目盛強(0.41秒)程度。これを先行RR間隔で補正したQTcは0.37となりますからQTの延長はありません。

ということで、この心電図は 洞性徐脈 + 左室肥大 という診断になります。いかがでしょうか? 両方の所見を正しく拾えましたか?

今回のように一見正常に見える心電図は、漫然と見ているだけでは異常所見を見落としがちです。必ず基本に忠実に、順を追って客観的に所見を拾って行くようにしましょう。そうする事で、自然に異常所見が引っかかり、正しい心電図診断をつける事が可能となるのです。