大動脈内バルーンポンピング(Intra Aortic Balloon Pumping) その1


解説:西新井ハートセンター病院 白坂友美(感染管理認定看護師)

 大動脈内バルーンポンピング(IABP)は、心臓の機能が低下している患者をサポートするための補助循環装置です。患者の重症度が高い事、カテーテルが大動脈内に入りサポートをされている事で、新人の看護師などでは「何かあったら怖いな・・・・」というイメージが強いようですが、装置の補助効果や看護のポイントが理解されると、「補助を受けている方が安心」という考えに変化するようです。

1.IABP の効果
 IABP は下行大動脈内でバルーンを拡張・収縮させる事によって、以下の効果が得られます。
1)IABP のバルーンの拡張(図1)
 心室拡張期開始時(大動脈弁閉鎖時)のタイミングに合わせてバルーンを拡張させると、バルーンの容積分の血液により大動脈圧が上昇します。バルーン上部の大動脈弓の圧上昇により、冠動脈や頚動脈への血流量が増加し、バルーン下部では腎動脈などの血流量が増加します。冠動脈への血流量増加のため冠動脈への血流確保の他、心筋に通常よりもより多くの酸素が供給され、心筋の酸素の需要と供給のバランスを確保します。

大動脈内バルーンポンピング その1

2)IABP のバルーンの収縮(図2)
 心室収縮期開始時(大動脈弁開放時)のタイミングに合わせてバルーンを収縮させると、大動脈内の圧が急激に低下(末梢抵抗の低下)し、心臓はより容易に血液を押し出すことができます。その結果、心仕事量が軽減し心筋の酸素消費量を低下させると同時に、心拍出量の増加が期待できます。

大動脈内バルーンポンピング その1

2.バルーン拡張・収縮のタイミング
 上記のように、バルーン拡張・収縮で大切な事は、大動脈弁の閉鎖・開放にタイミングを合わせる事です。大動脈弁が閉鎖される前にバルーンが拡張してしまうと、大動脈弓の血液が左室に逆流してしまい、大動脈弓の圧が十分に上昇せず冠血流の増加が期待できない事に加え、左室の血液容量が増え心仕事量を増加させてしまいます。また、大動脈弁の開放時にバルーンがまだ拡張していると、左室への抵抗となり心仕事量が増加してしまいます。
 動脈圧波形では、大動脈弁の閉鎖する際に生じる波形(dicrotic notch)に合わせてバルーンを拡張させるタイミングを合わせ、自己の血圧波形が出る直前にバルーンを収縮のタイミングを合わせます。
心電図波形では、T 波の中間でバルーンの拡張を合わせ、Q 波でバルーンの収縮を合わせます。

3.IABP 効果の確認(図3)
 IABP が十分効果を得ているかどうかの判断は、IABP のアシスト比を1:2とすると確認がしやすいと言われています。確認のポイントは、以下の通りです。
1)大動脈弓の圧が十分に上昇しているか?(図3の赤線)
●バルーン拡張期の圧(オーグメンテーション圧)が自己の収縮期血圧よりも上昇しているか?
2)末梢抵抗が十分低下しているか?(図3の青線)
●補助を受けていない自己の収縮期血圧よりも補助を受けた自己の収縮期血圧が低下しているか?
●補助を受けていない自己の拡張期血圧よりも補助を受けた自己の拡張期血圧が低下しているか?

大動脈内バルーンポンピング その1

4.IABP の適応と禁忌
 看護師は何事も「適応・禁忌」から覚えるものです(私も若い頃?はそうでした)が、上記の原理や目的(効果)をしっかりと理解しておくと自然に適応・禁忌が理解できます。
1)IABP の適応
 IABP の効果が、「冠血流量の確保」「心筋酸素供給の増加」「心筋酸素消費量の低下」と述べました。適応患者は、様々ですが簡単にまとめると以下の通りです。
 ●心筋梗塞、不安定狭心症
 ●心不全、心原性ショック
 最近では、重症病変の冠動脈カテーテル治療時や、冠動脈バイパス時の麻酔導入時などに一時的に使用されるケースもあります。また、PCPS (経皮的心肺補助装置)使用時の後負荷軽減や拍動流の発生のために使用されたりもします(後の PCPS で詳細は述べます)。

2)IABP の禁忌
 IABP が大動脈内で拡張・収縮を繰り返す事や、大動脈弁の開放・閉鎖のタイミングに合わす事からも以下が禁忌または注意が必要な患者となります。
 ●大動脈の疾患のある患者
  大動脈解離、大動脈瘤(腹部も含む)のある患者は破裂の危険性がある
 ●大動脈から腸骨動脈にかけて重篤な石灰化のある患者
  石灰化の血管壁によりバルーンが擦れ、バルーン損傷の危険性が高い上、血管の解離を起こしやすい
 ●末梢血管疾患のある患者
  大腿動脈からカテーテルを挿入するため、末梢循環不全を起こす危険性が高い
 ●重度の大動脈閉鎖不全のある患者
  バルーン拡張時の左室への血液逆流により、心不全が悪化する可能性がある

5.IABP のウィニング
 様々なテキストには、ウィニング基準が数値で示されていますが、IABP の効果から以下にまとめられます。
1)心電図に変化(不整脈、ST-T 変化)がない事
2)心不全症状が悪化していない事

IABP の効果は理解できたでしょうか? 次回は看護についてお話します。

この連載の内容の無断転載を禁じます。